読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロブック

ココロに響いた本を紹介するブログです。

お部屋も心もすっきりする持たない暮らし

金子由紀子さん著の『お部屋も心もすっきりする持たない暮らし』を読みました。

 

お部屋も心もすっきりする持たない暮らし

お部屋も心もすっきりする持たない暮らし

 

 

いくら部屋をきれいに片付けても、すぐにものがいっぱいになって、散らかってしまうことってありますよね。本書では、そんな悩みを解決すべく、お金をかけずに部屋がきれいになる習慣が紹介されています。

 

持たない暮らしとは

誰もが「きれいな部屋で暮らしたい」と思いつつも、なかなかそれを実現するのは難しいのも事実です。また、ものを捨てるとなると、なかなか捨てられない人も多いのではないでしょうか。「捨てる」という難しい作業を増やさず、片付けたあとにリバウンドを起こさないためには、普段からものを増やさないように心がけるのがベストなのです。

 

そのため、本書では「持たない暮らし」をオススメしています。

 

持たない暮らしというと、なんだか少し敷居が高いように感じますよね。でも、そんなことはありません!持たない暮らしで持たないものとは、次の4つだけなんです。

 

  • 自分の管理能力を超えるものを持たない
  • 愛着を持てるもの以外、持たない
  • 自然に還らない、あるいは、次の人に譲れないものを持たない
  • 自分と、自分の暮らしに似合うもの以外、持たない

 

たったこれだけのルールを守るだけで、ゆっくりとものが減っていきます。本書で紹介されている方法は、即効性はあまりありませんが、長期的に見て無理なく続けられる方法や習慣がたっぷり詰まっています。そのため、本書の方法を実践すれば、ストレスが少なく快適に暮らせるようになります。

 

なんで日本の家にはものが多いの?

日本の家には、ものが多い気がします。それは、どうしてなのでしょうか?

 

その理由はいろいろありますが、ひとつは和洋ダブルスタンダード生活様式であることが挙げられます。日本では、一軒の家に和洋2つのスタイルが共存しているので、他の国よりものが多くなりがちです。

 

また、日本は四季がハッキリしているため、生活用品も各季節に対応したものがそれぞれ必要であることも、理由のひとつです。洋服ひとつとっても、春物や夏物など、四季に合わせた洋服や小物が必要になります。また、夏のクーラーや扇風機、冬の暖房器具など、電化製品も季節によって必要なものが変わります。

 

そして、伝統的な文化がまだ残っていることも挙げられます。例えば、年に一度しか使わないひな祭りのひな人形などが、それに当たります。

 

このような理由から、日本の家にはものが多くなりがちです。

 

自然とものが減っていく!7つの習慣

では、どんな習慣を身につければ、持たない暮らしが実現できるのでしょうか。大まかに分けて、次の7つの習慣を身につければ、持たない暮らしが実現できます。

 

  • もらわない

この習慣を身につけると、家が片付いていきます。まずは、買い物に行く時はマイバッグを持ち、レジ袋はもらわない習慣を身につけましょう。家のレジ袋が減っていきます。

 

  • 買わない

本当に気に入ったものや本当に必要なもの以外は、なるべく買わないようにしましょう。また、「欲しいものリスト」を作ると、無駄な買い物が少なくなるため、効果的です。

 

  • ストックしない

ラップやティッシュなどの消耗品を、なるべくストックしないように心がけましょう。新しいものを買わないだけでも、家の中からはものが少しずつ減っていき、次第にすっきりしていきます。

 

  • 捨てる

雑誌やパンフレットは、一定量を超えたら捨てる。賞味期限の切れた食料も、使わなかった調味料も捨てる。自分なりのルールを決めて、捨てる習慣を身につけましょう。

 

  • 代用する

小さなものでも、なるべく持たないためには、買ったりもらったりせずに、今ある何かで代用できないか、その都度考えてみましょう。

 

  • 借りる

めったに使わないものであれば、人に借りたり、業者に借りたりすることも、習慣にしたいものです。

 

  • なしで済ます

「本当に必要か?」この問いを常に自分の中に持ち続け、そうでないなら、「なしで済ます」ことを心がけましょう。

 

 

また、本書には衣類や本、CD、DVD、思い出のものなどの具体的な片付け方も載っています。

 

私は、これらのものを捨てる時に、スマホで写真を撮って、Evernoteで管理しています。そうすれば、何を捨てたかわかって便利なので、オススメです。

 

部屋がものでいっぱいだと、それだけでイライラしたり余裕がなくなったりします。そんな時に、本書で紹介されている習慣を身につければ、すぐにではなくとも、長期的に見てきれいで片付いた部屋で過ごすことができるはずです!

 

本書で紹介されている習慣は、どれも難しいものではなく、今日から始められる手軽なものばかりです。部屋だけでなく、心もすっきりしたい人にオススメです。

 

 

お部屋も心もすっきりする持たない暮らし

お部屋も心もすっきりする持たない暮らし