読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロブック

ココロに響いた本を紹介するブログです。

「認知行動療法」のプロフェッショナルが教える いちいち他人に振り回されない心のつくり方

『「認知行動療法」のプロフェッショナルが教える いちいち他人に振り回されない心のつくり方』を読みました。

 

「認知行動療法」のプロフェッショナルが教える  いちいち“他人

「認知行動療法」のプロフェッショナルが教える いちいち“他人"に振り回されない心のつくり方

 

 

本書では、認知行動療法に基づいた、もっと楽に生きられるコツが優しい語り口で紹介されています。まるで、カウンセリングを受けているかのように、コツがスッと心に入ってきます。

 

なぜ同じ出来事なのに人によって感じ方が違うのか

 

世の中には、他人に振り回されてしまう人と、マイペースでいられる人がいます。この違いは、一体何なのでしょうか。

 

それは、ズバリ「考え方」の違いからくるものなのです!

 

つまり、物事の受け止め方が違うということです。この考え方に、それぞれの個人差(クセ)があるので、その結果感情も異なるのです。

 

どうやら、この考え方のクセを変えることが、もっと楽に生きるヒントのようです。

 

認知行動療法で今よりもっと楽に生きられる

 

考え方が感情に影響を与えることを最初に理論付けて説明し、うつ病の治療法を確立したのはアメリカの精神科医アーロン・ベックです。うつ病患者を見ているうちに、彼は、うつの人に共通する考え方のクセに気づくようになりました。

 

次第に彼は、この考え方を修正することで、うつのつらい気持ちが和らぐことを確信するようになりました。

 

こうして生み出されたのが、認知行動療法なのです。

 

考え方のクセを修正することで、少しでもつらい感情を軽くしたり、抱えている問題を解決したりするのを目指す、というのが認知行動療法の目標です。

 

代表的な考え方のクセ

 

考え方のクセを修正するには、まず自分がどんな考え方のクセを持っているのか、知っておく必要があります。

 

ここでは、代表的な考え方のクセを挙げておきます。

 

  • 一般化のしすぎ

1つの失敗や嫌な出来事だけを根拠に「いつも……だ」「すべて……ない」のように、「一事が万事」式に考える。

 

  • 自分への関連づけ

よくないことが起こったとき、自分に関係がないことまで自分の責任だと判断する。

 

  • 根拠がない推論

はっきりとした証拠がないまま結論を急ぎ、否定的にあれこれ考える。

 

  • 全か無か思考

ものごとを白か黒かで考える。善悪をはっきりさせないと気が済まない完全主義の傾向。

 

  • すべき思考

「〜すべきだ」「〜しなければならない」といった思考。

 

  • 過大評価と過小評価

自分の欠点や失敗を実際よりも過大に考え、長所や成功を過小評価する。逆に、他人の成功を過大に評価し、他人の欠点を見逃す。

 

いかがでしたか?自分に当てはまるものがいくつかありましたか?

 

自分の考え方のクセに気づいておくと、自分を客観的に見つめることができます。

 

私も、自分に当てはまるものがいくつかありました。特に、「全か無か思考」は周りの人に指摘されたこともあります(汗)。

 

今ではだいぶ良くなりましたが、以前は白か黒かはっきりさせたくてしょうがなかった時期があったように思います。しかし、グレーにしておくことを学んでからは段々と心に余裕ができてきて、楽になりました。

 

また、「すべき思考」も以前はかなりあったように思います。しかし、「〜すべき」から「〜できたらいいな」くらいにゆるく考えるようになってから、生きるのが楽になりました。

 

今思えば、どちらも「完璧主義」の表れだったのかもしれません。でも、「完璧な人間」になんてなれないし、そもそも完璧な人間なんていないんだと考えるようになってから、楽になってきたように思います。年をとって、丸くなったのかもしれません(笑)。

 

自分ではそこまで意識していなくても、周りの人は気づいている考え方のクセって結構あると思います。そのため、思い切って親・恋人・親友などの周りの人に、自分の考え方のクセを聞いてみてもいいかもしれませんね。

 

本書では、考え方のクセとその修正の方法について、詳しく説明されています。また、それ以外にも人間関係の改善方法や、自尊感情の育み方が紹介されています。

 

優しい語り口で、まるでカウンセリングを受けているかのような気づきや癒し効果があります。

 

他の認知行動療法について書かれた本だと、こちらもオススメです。

 

polaris204.hatenablog.com

 

『「認知行動療法」のプロフェッショナルが教える いちいち他人に振り回されない心のつくり方』は、人間関係で悩みを抱えている方にオススメです。

 

読むだけで心が晴れますし、本書に書かれているコツを実践すれば、明日からもっと楽に生きられるハズです。本書で紹介されているコツは、どれもすぐに実践できるものばかりです。

 

これを機に、もっと生きやすい自分に変わりませんか?

 

 

「認知行動療法」のプロフェッショナルが教える  いちいち“他人

「認知行動療法」のプロフェッショナルが教える いちいち“他人"に振り回されない心のつくり方