読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロブック

ココロに響いた本を紹介するブログです。

マンガでやさしくわかるアサーション

『マンガでやさしくわかるアサーション』を読みました。

 

マンガでやさしくわかるアサーション

マンガでやさしくわかるアサーション

 

 

本書は、アサーションの第一人者として活躍する著者によるわかりやすい解説とストーリーマンガで構成されています。

 

地方エアラインでCAとして働く出雲三江(26)。頼まれると断れない性格のせいで、仕事もプライベートもうまくいかない彼女。そんなある日、空港で突然出会った女性に、アサーションを紹介されるが……。アサーションを通じて、三江が成長していく姿が描かれています。

 

アサーションとは?

 

アサーションという言葉が出てきましたが、この言葉をご存知の方はあまり多くはないと思います。

 

アサーションとは、自分も相手も大切にする自己表現という意味を持つコミュニケーションの考え方と方法のことです。

 

自分が頼みごとをした時に相手から断られると、不愉快になったり、強引に押し付けてしまいたくなることってありませんか?逆に、頼みたいことがあるのに言えなかったり、人から頼まれごとをした時、自分ができない状況にあっても、引き受けたりしませんか?

 

私は、どちらかというと後者の方です。なんだかんだ、人から頼まれると断れないことが時々あります。特に仕事の場面で……。

 

アサーションの考え方では、本来ならば頼むべきことを人に命令したり、押し付けたりして、自分の思い通りに相手を動かそうとすることを攻撃的自己表現と言います。

 

逆に、頼んでもいいことを頼まなかったり、断ってもいい場合に引き受けてしまったりすることを非主張的自己表現と言います。

 

それらに対し、アサーションとは、双方を大切にするやりとりを考え、その試みをして、双方が理解し合い、葛藤があるときは歩み寄ってものごとを進めようとするコミュニケーションです。

 

アサーションを実践してみよう!

 

アサーションができるようになると、自分も相手も心地よいコミュニケーションができるようになります。

 

アサーションは、自分も相手も大切にして、互いの違いを認め合うことなのです。

 

これができたら、日常生活はぐっと快適になりそうですよね!

 

でも、本当にそんなことが自分にできるのか……。なんだかハードルが高そうと思いますよね。

 

でも、すぐに完璧にやろうと思わなくて大丈夫です!

 

ここでは、日常に取り入れられそうな心構えを4つ紹介したいと思います。

 

  • 自分をオープンにする

人間関係をつくりたいと思う時、まず私たちが最初に心がけなければならないことは、自分をオープンにすることです。黙っていたら、「考えている」「関心がない」「反対している」などの意味が予想されます。そのため、誤解されないためにも、まずは自分の思いを表現しましょう。

 

  • 相手に関心を寄せて聴く

私たちには、関心を寄せてくれる人、応答してくれる人が必要であり、それにより他者への信頼、自己信頼を培っていきます。そして、関心を寄せていることを示す最も適切な態度と反応が聴くことです。相手を大切にする鍵は、アサーティブに聴き、共感を返すことです。

 

  • 仕事や関係を促進するおまけの情報

質問や依頼をする時に、「はい」「いいえ」だけで終わるような質問ではなく、豊かな情報がもたらされ、関係がつながるような問いかけが必要な時があります。例えば、「◯◯に行ったことはありますか?」と訊く代わりに、「◯◯にはどう行けばよいか、おわかりですか?」と訊いた方が会話が続きます。いわば「開かれた質問」をすることによって、課題遂行と人間関係づくりが同時に実行できるのです。

 

  • 非言語表現をアサーティブに

私たちは、コミュニケーションの中で言葉や内容をただ聞いているだけでなく、相手の表情や身体の動き、声や話し方も同時に受け取っています。アサーションには、言行一致が大切です。

 

以上の4つを、会話をする際に心がけてみてください。アサーションと聞いて、身構えてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、どれも取り入れやすいものが多いですよね。これを機に、アサーションを日常で実践してみませんか?

 

本書では、主人公の三江が本当の夢を実現するまでが描かれています。マンガが面白くて、スラスラ読み進めることができました。

 

頼みごとをするのって、結構勇気がいりますよね。私は、どちらかというと頼みごとをするのを躊躇してしまうタイプです。

 

どうやったらうまく頼みごとができるかなと考えていた時に出会ったのが、アサーションという言葉でした。そして、本書を手に取りました。

 

本書では、アサーションというコミュニケーション方法が丁寧に説明されていて、初心者でもわかりやすくなっています。

 

自分も相手も大事にして、自分の言いたいことが言えるようになれたらいいですよね。そんなコミュニケーションを可能にするのが、アサーションです。言いたいことが言えなくて困っている方、これを機にアサーションを試してみませんか?

 

 

マンガでやさしくわかるアサーション

マンガでやさしくわかるアサーション